【30代男性看護師】転職を成功させる為に知っておきたい全知識!!認定看護師が教える転職に必要な事は○○

【30代男性看護師】転職を成功させる為に知っておきたい全知識!!認定看護師が教える転職に必要な事は○○

ナースコールが頭から離れない。呼ばれてなくても呼ばれている気がする。憧れの職業だった看護師は肉体労働。睡眠紹介は当たり前。ロキソニンが唯一の見方。コルセットがないと不安になる。便利屋と勘違いした患者に振りまく笑顔はのこっていない。怖すぎる先輩と伝わらない後輩。心に寄り添ってくれるのは、美味しいご飯と甘いお菓子……それなのに疲れすぎて食べる気がしない。そんな看護師さんでも環境変えればスキルアップできます。

まずは、ストレスを発散して自分と向き合う事が大切です。

次に、いつも仕事で意識している傾聴をここで使うべき。

患者さんの状態や耳に声を傾けて、医者の分かりにくい指示に脳みそフル回転。その傾聴力を自分の体に使ってみよう。

体はどうしたいっていってる?ストレスをここから出してくれって言ってるよね?

それなら、作り笑いでいいから降格を上げて笑ってみよう。

マスクをしていらバレないから大丈夫。

腹から笑ってストレスを吹き飛ばしてから読んでくれると嬉しいです。

30代で転職を考える男性看護師は多いのではないでしょうか。

「看護師としてキャリアアップしたい」「結婚やマイホーム購入 子供の教育環境」など、きっかけはさまざまですが、せっかく転職するなら失敗はさけたいですよね。

この記事では、あなたのライフプランに合わせた転職先の見つけ方や、おすすめの職業、30代看護師が転職するの注意点などをご紹介します。

最後までお読みいただければ、30代から理想の職場への転職するコツがつかめるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。認定看護師になる事ができたのも理解ある病院に転職できたからです。

30代男性看護師が転職を考える5つの理由

30代を過ぎると仕事に慣れて余裕がでてくる事もあり、看護師としてもキャリアアップを踏まえた転職をする方が増えてきます。

また、プライベートと仕事を両立させるために転職する看護師も多いです。

ここでは、30代男性看護師の方に多い転職理由を5つご紹介します。

1人間関係が良くない

30代の看護師が転職を考える理由の一つは、人間関係の悩みです。

30代は新人とベテランの間に挟まれれて、調整役になる事が多いです。

詰め所にいませんか?怖すぎる先輩と伝わらない後輩が……

また、「仕事に少し余裕がでてきた頃に、看護師同士仲の悪さが気になった。」という後輩もいました。

  • 患者・家族との人間関係
  • 職員間の人間関係
  • 職場環境の不適応
  • 異動に伴うストレス

このように、人間関係のストレスが大きくなると、仕事にやりがいを感じなくなったり、転職したいと思う方は多いです。

認定くん
認定くん

即戦力となる看護スキルが身についている30代の看護師は、転職の選択しも豊富。

現在の職場で人間関係に悩んでいるのであれば、改善する努力をした上で、転職を検討するのもいいでしょう。

30代は中堅的な立場で職務にあたるため、新人看護師とベテラン看護師の間で調整役を任される事が多いです。

認定くん
認定くん

私は、介護福祉士から正看護師になったので新人看護師とベテラン看護師の悩みを働きながら悩みを聞いていました。実際、自分が看護師になり年下の先輩とベテラン看護師の間で人間関係に悩んだというより女性スタッフとのコミュニケーションは、認定看護師になっても課題の一つですね。すべての人から好かれる事は不可能ですよね。

中間的な立ち位置で板挟みの状態になってしまうので、ストレスを感じる場面も増えてくるでしょう。

2スキルアップができない

現在の職場では目指している看護師になれないと考え、転職を考える方も多いです。

30代になります。なって経験が蓄積されるろと、徐々に自分の得意分野や苦手分野が把握できるようになります。

自分のキャリアの方向性について熟読した結果、スキルアップを目指して転職に至るケースも多いです。

3プライベートと両立できない

30代になると、結婚したり離婚を経験し謀殺させることもあるでしょう。

認定くん
認定くん

私も結婚と離婚の経験がります。病棟でカミングアウトすると離婚率高いですね。(個人の乾燥です。)

□仕事か生活、どちらか一方だけでなく、調整することができる。

□憧れの人や真似したい中堅看護師を見つけて、ロールモデルにすることができる

プライベートの時間が欲しいと考え、ワークライフバランスを実現できる職場を目指す方が増えるのです。

看護師は忙しく、中々プライベートの時間を確保するのが難しい為、自分の楽しむ時間を確保するために転職を考える方も多い傾向にあります。

4体力的に辛い

仕事が忙しくなることに加えて、私生活も充実し、忙しい年代である30代。看護師の仕事は、精神力や向上心が求められる上に、夜勤もあるため、体力勝負なところもあります。個人的には、右目が網膜剥離で視力がでないのと急性期の激務を続ける自身がありませんでした。

5給料が見合わない

看護師の仕事は、夜間があったり患者の命に係わるためストレスが多く、身体的にも精神的にも疲れる仕事です。

しかしながら、看護師の平均年収は一般的なサラリーマンよりわずかに高い程度。待遇面に不満を持つ方も多いでしょう。

まとめ

20代の頃は、個人的には満足していましたが、30代に差し掛かると、給料の上昇が難しい現実に直面するものですね。仕事と収入のバランスを考える中で、時給換算やコストパフォーマンスを踏まえ、転職を模索する看護師も多いでしょう。私もその一人です。

私は認定看護師を目指し、給与面や休暇日数、有給消化率などを重視し、転職エージェントを通じて活動しました。看護師の転職や就職において失敗する可能性を減らすための方法を皆さんにお伝えします。

看護師は多岐にわたる職種の中でも転職が頻繁な職種の一つです。私自身も転職を5回経験し、介護福祉士から看護師への転身を果たしました。その中で、国家試験合格により様々な施設での就業が可能となりました。

しかし、給与や福利厚生だけを見て転職すると、自身に合った職場かどうか見極めることが難しく、失敗する可能性があります。そこで重要なのが、自己分析です。

自己分析を怠ると、職場選びで失敗する可能性が高まります。私もその一例です。最初の病院選びでは、自己分析が不十分で、結果としてブラック病院に勤務することとなりました。情報収集も重要ですが、実際に働いてみないとわからない側面もあります。

そこで、自己分析を徹底して転職し、ワークライフバランスを重視した精神科の病院に就職しました。結果として、充実した日々を過ごすことができました。

情報収集だけでなく、自己分析を通じて自分の性格や適性に合った職場を選ぶことが重要です。その際、転職エージェントの利用も一つの手段です。

自己分析をして、自分に合った職場選びをしましょう。自己分析が難しい場合は、オンラインの無料診断サービスを利用するのも良い方法です。皆さんがより充実した職場で働けることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA