「知られざる違いを解説!応援ナース vs 派遣ナース:働きやすさの真実に迫る」

「知られざる違いを解説!応援ナース vs 派遣ナース:働きやすさの真実に迫る」

応援ナースとして働くと、名前以外で現場ではよく「応援さん」「派遣さん」と呼ばれることがありますね。しかし、この呼称の違いが実は重要な意味を持つことを忘れてはいけません。

実は、応援ナースと派遣ナースは厳密には異なる存在です。雇われる側のワシにとっては、環境や給与が満足できるならば、この違いは些細なことかもしれません。しかし、違いを理解しておくことは、その職場での働いてみようかの判断する上で重要な材料になります。

そこで、今回は現役の応援ナースも意外と知らないかもしれない、応援ナースと派遣ナースの違いについて説明します。これを知ることで、より自分に合った働き方を見つけることができますよ♪

大きな違いは雇用先


雇用先が異なるため、応援ナースと派遣ナースの給与、福利厚生、有給休暇などの条件には大きな違いがあります。応援ナースは医療機関の正社員として雇用されるため、通常は正社員と同等の給与や福利厚生が提供されます。一方、派遣ナースは紹介派遣会社の社員として雇用され、医療機関に派遣されるため、給与や福利厚生は派遣会社の規定に基づいて決定されます。一般的には正社員としての待遇に比べて、派遣社員の場合は給与や福利厚生がやや劣ることがあります。また、有給休暇の取得条件や日数なども異なる場合がありますので、契約前にしっかりと条件を確認することが重要です。

応援ナース派遣ナース
給料制度基本給制(40万円以上)時給制(時給1300円以上も)
お給料の支払元応援先の医療機関 紹介派遣会社
福利厚生応援先に準ずる 正社員と同じ一部は派遣先に準ずる
有給あり
*同じ職場で6ヶ月以上働くと発生
あり
*6ヶ月以上継続勤務すると発生

『応援ナース vs 派遣ナース:異なる働き方の魅力』給料の違い

ナースパワーに登録して応援ナースをしています。今まで北海道と首都圏で働いてきました。どこで働くにせよ、心強い一律の基本給40万円が魅力です。もちろん、残業や夜勤などの手当も付きます。勤務先は精神科を選んでいるので残業はほとんどありません。プライベートを重視したい方は精神科で働くいてみても良いかもしれないですよ♪

一方、派遣ナースは時給制度が採用されており、その時給は派遣先次第で異なります。特に都市部では、時給2,000円を超える場所も珍しくありません。給与の財源は派遣先であり、派遣料金に看護師の給与も含まれています。このため、給与は紹介派遣会社から支給されます。柔軟性と高収入の見込みが魅力であり、派遣ナースは自らのキャリアを自在に構築することができます。ダブルワークも可なので相談してみると良いですね♪

『応援ナース vs 派遣ナース:安心と充実の待遇』福利厚生


応援ナースは、正社員としての厚遇を享受するため、応援先の社会保険に加入します。そのため、ワクチン接種や応援先での医療費補助など、健康面でも安心して働くことができます。また、寮などの施設も正社員と同等に提供されるため、応援ナースは安定の給料と福利厚生で寮も用意してくれます。

一方、派遣ナースは、働く期間に応じて紹介派遣会社の社会保険に加入します。ただし、短期の場合は保険の適用が制限されることもあります。しかし、派遣先での施設や物品の利用においては、正社員と同等の待遇を受けることができます。ロッカーや食堂、PCやデスクなど、日常的に利用するさまざまな設備や備品が、福利厚生の一環として提供されることで、派遣ナースも安心して働くことができるのです。

有給

『待遇の魅力:有給休暇の発生と使い方』

応援ナースが同じ応援先で6ヶ月以上働くと、有給休暇の権利が発生します。しかしながら、6ヶ月ぴったりに辞めるのは許されません。少なくとも1日の延長が必要です。現実的には、1日だけの延長はほぼあり得ないため、ほとんどが1ヶ月以上の延長となるでしょう。

一方、派遣ナースは、派遣先が変わったとしても、雇用先が同じで6ヶ月以上継続勤務していれば有給が付与されます。更に、その有給は次の派遣先へも持ち越すことができます。ただし、次の派遣先へ異動するまでに1ヶ月以上の期間が空くと、有給は消滅してしまいます。

このように、有給休暇の発生と使い方には様々なルールがありますが、しっかりと把握しておくことで、より充実した働き方が実現できるでしょう。

応援・派遣ナースから正社員へ

『キャリアの選択と可能性:応援ナースと派遣ナースの魅力』

応援ナースも派遣ナースも、同じ職場で3年以上勤務することはできませんが、それぞれの働き方には独自の魅力があります。

応援ナースは、6ヶ月ごとの任期満了により、次のステップを選択する必要があります。その際、正社員への昇格のオファーがあれば、給与交渉をすることが重要です。正社員としての待遇を手に入れることで、ボーナスや退職金などの特典も期待できます。応援ナースから正社員への転換は、キャリアの更なる発展を約束する可能性を秘めています。

一方、派遣ナースは、3年以上の勤務後に正社員や無期雇用派遣に移行するか、他の派遣先に移動するかを選択する必要があります。派遣法の変更により、無期雇用派遣の選択肢も増え、働きやすさが向上しました。ただし、具体的な派遣法については詳細が不明ですが、この働き方の利点を享受するために、情報を収集することが肝要です。

現実には、応援ナースが同じ場所で3年以上働く例もあります。一度の契約終了後、直ちに再契約することでこの状況が可能になりますが、その場合も正社員への転換を検討する余地があります。長期間の勤務を考えるなら、正社員としての待遇を追求するのも一つの選択肢です。結局のところ、個々の状況や目標に応じて、最適なキャリアの選択を行うことが重要です。

応援・派遣ナースどっちがお得?

『福利厚生と有給の魅力:応援ナース vs 派遣ナース』

福利厚生の観点から見ると、自院での勤務がお得な応援ナースが魅力的です。自院では、インフルエンザなどのワクチン接種が手頃な価格で受けられるだけでなく、医療費の一部負担もしてくれます。派遣ナースの場合でも、雇用先がスタッフの健康を管理する責任があり、健康診断などに一定の負担を負うことができます。

ただし、コロナワクチンに関しては、派遣先によっては副反応に対するフォローが未確立の場合もあります。そのため、派遣先ではワクチンの先行接種ができないケースもあることを考慮する必要があります。一般人と同様に市区町村からの接種券が届いてから接種を受けることになります。

有給の面では、派遣ナースの方が有利かもしれません。派遣先を変えても有給が持ち越せるため、次の職場でも有給を活用することができます。一方、応援ナースの場合、半年間の勤務で満足し、次の場所へと移る人も多く、有給の持ち越しにこだわる傾向はあまり見られません。

結局のところ、福利厚生や有給の利用方法は個々のニーズや状況によって異なります。自身のキャリアプランや生活スタイルに合った働き方を選択することが重要です。

まとめ

『応援・派遣ナースの違い:福利厚生と選択のポイント』

さて、応援ナースと派遣ナースの違いについてざっくりとまとめてみましょう。

まず、保険や福利厚生に関しては、どちらの働き方でも重要な要素です。自院での勤務が魅力的な応援ナースは、ワクチン接種や医療費の負担など、福利厚生の恩恵を享受できます。一方、派遣ナースも雇用先による福利厚生を利用することができますが、コロナワクチンのように派遣先の方針によっては制約があることもあります。

さて、応援か派遣か、どちらがお得かという点ですが、これはあなたがどんな働き方を望むか、そしてその時の状況によって異なります。派遣ナースは有給の持ち越しができるため、柔軟な働き方が可能です。一方、応援ナースは正社員への昇格など、キャリアの発展に繋がる可能性があります。

重要なのは、自分に合った働き方を選択し、賢く働くことです。人生は一度きり。失敗したくないからこそ、選択は慎重に行いましょう。どちらの選択肢も自分にとって最良の道を見つける手助けとなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA