【50代】応援ナースに年齢制限はあるの?実際に応援ナースとして一緒に働いた看護師の年齢層は?

【50代】応援ナースに年齢制限はあるの?実際に応援ナースとして一緒に働いた看護師の年齢層は?

応援ナースに年齢制限はある?

カッチ
カッチ

応援ナースに年齢制限はありますか?

転職エージェント
転職エージェント

応募先の状況やその方のご経験等により、ケースバイケースとなります。
ただ、病棟での臨床経験が3年以上あれば
過去に60代の方も老人施設で相談できた実績がございます。


この仕事をしていると年齢制限はあるの?と色々な職種の方から質問をもらいます。


実際に北海道と都市圏で出会った応援ナースの年齢層は
20代から50代の方と幅広いです。

カッチ
カッチ

同じ40代の方もいて安心しました。給料は過去一番良いです。

1.  何歳でも活躍できる!応援ナースの年齢制限とは?

– 応援ナースは年齢に制限はありません!



実際に働いてみると若い方は20代後半から50代後半の方と一緒に応援ナースとして働きました。
応援ナースの先輩から聞いたのですが、定年退職後に応援ナースとしてチャレンジしている方がいると話を聞きました。
40歳になってから応援ナースにチャレンジしたんですが、もっと早くチャレンジしとけば良かったと思います。
常勤で働いていた頃は、ボーナスをもらってから旅に出ていました。今は職場が旅先です。自分がやりたい看護をしながら都市圏で気の合う仲間とワイワイする楽しむ!リスクをとって働き方を変えて本当に良かったと思います。
もちろん転職なので怖かったです。でもリスクを取らないと自分のやりたい看護はできないです。
50代になっても応援ナースを続けて行きたいと思います。

– 臨床経験3年があれば誰でも挑戦可能です。

前述しましたが、
看護師取得してから3年のキャリアがあればOK
何歳になっても実際に働いてみると分からない事はあります。分からない事は『教えて下さい』と確認する事ができる姿勢があればチャレンジして大丈夫です。
きっとこの記事を読んでくれている方は経験年数が多くて一歩行動できない方が多いのではないでしょうか?大丈夫です。ワシでもできたんですから!認知症看護 認定看護師を取得しましたが、北海道では面接の時に伝えましたが、首都圏では面接と履歴書には記載しませんでした。経験があると逆にプレッシャーになると考えている方はチャレンジしましょう!期間限定ですからね!
3年経験年数があったらチャレンジしましょう!応援先でも学び成長できますよ!


2.  50代でも応援ナースとして大活躍!

年齢を重ねたベテラン看護師が即戦力として活躍し応援ナースのサポートもしてくれます。


応援ナース先で出会った50代のベテラン看護師さんに本当にお世話になっています。また、若い20代後半の方は仕事を覚えるのが早いですね。年齢の壁を越えて働けるのも魅力的ですね。
40歳になり看護師をしていると年齢が近い事もあり可愛がってもら得てます。先輩がどう思っているか分からないですがワシは楽しくやれてます。
もちろん今までの経験を生かして誰かが困っていたら助ける事ができたら良いですよね。
それでも無理しなくてもいい職場もあるので、まずは転職サイトの担当のエージェントさんに相談するのが良いですね。

経験を活かして新しいチャレンジができる。


働ける場所も期間も自分で決める事ができます。
職場とは違うコミュニティに所属する事で全国に友人ができます。
チャレンジして本当に人生変わりました。

3.  いつでもどこでも働ける応援ナースの強み

応援ナースの働き方は柔軟で自由度が高い。


夏は北海道、冬は首都圏で働くスタイル!
ワシはこの働き方を見つける事ができたのでマジで良かったです。
自分で選んだ道なんで、少々の事があっても続けていける自信はあります。
北海道ではインシデントを書いた事もありましたが、都市圏ではまだありません。トライアンドエラーを繰り返して人生を楽しんで行きたいと思います。

仕事の条件や場所に制約されず、自分の希望に合わせて働ける。


担当の転職エージェントさんにいろんな要望に答えてもらいました。

  • 最低給料が40万円以上
  • 精神科か慢性の療養病棟が良い。
  • 夏は北海道 冬は南国か都市圏
  • 夜勤はアリでも良いから定時で帰宅できる施設
  • 寮が完備されている場所
  • 駐車場があり車で通勤できる場所
カッチ
カッチ

結構いろんな要望を伝えても全国から探してくれます♪


4.  ぜひ挑戦してみよう!50代での応援ナース


人生は一度きり、後悔しないために思い切ってチャレンジしよう
このまま今の病院で定年を迎えますか?
自分のやりたい事にチャレンジしませんか?
やりがいってありますか?数ある選択肢の中から応援ナースとしてプライベートを充実させて行きませんか?
定年退職を目の前にして不安はありませんか?チャレンジしないと後悔しますよ。
ふと立ち止まって考えてみて下さい。このままの看護師人生で良いのだろうか?
50代での応援ナース経験は貴重で、成長や新たな発見を見つける意欲を忘れないで。
終末期の患者さんの言葉で『もっとチャレンジしとけば良かった』と看護師なら一度は聞いた事があると思うセリフ…今ですよ!
ワシは41歳から応援ナースにチャレンジしました。リスクをとって本当に良かったです。
一度は看護師を辞めて違う仕事をしようと失業保険期間中に副業に取り組みました。社会から疎外されている感覚は職を失ってみないとわかりません。リスクをとった先に待っていたのが応援ナースでした。
このブログが、どこかの看護師さんの背中を押す事ができたら幸いです。看護って本当に楽しいですよ!

40代での転職が人生を大きく変えた


夜勤で早朝に採血をしていると朝日が登ってきたんですね。世間は連休でウキウキモードです。看護師にカレンダーなんてありません。そんな時に隣で『私たちって何してんだろうね…』と朝の忙しい業務をこなしている時に隣から聞こえてきました。本当だよなぁこのままだと嫌な病院でずっと定年まで働くのかなぁ…そんな事を考えていました。その頃に、定年退職を迎える看護師さんがいました。普段なら送別会がありますが、コロナの影響で飲み会は自粛でした。出勤最後の日の先輩の背中をみるとなんだか寂しそうでした。あと20年後の自分の姿だと考えると本当に切なかったです。
リスクをとって一歩行動しよう!人や組織を変える事は難しい。けど、自分を変える事はできる。安定を捨ててリスクをとる事できっと自分のやりたい事がみつかる。
もちろん定年まで同じ職場に務める事を否定しているのではない。どうしても家庭を持ったらフットワーク軽くチャレンジすることがむずかしい。バツイチ看護師だからできる事がきっとあるはずです。
だから毎日楽しく期間限定で働ける応援ナースにチャレンジして行きます!

まとめ:何歳でも看護師として自分らしく働こう!

いつになっても、『今日が一番若い日です』
ボーナスをもらってから旅に出ますか?それとも職場を旅先にしますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA